2011年3月11日に発生した東日本大震災。あの日から10年が経ちました。改めて東日本大震災で犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。日本を襲った未曾有の大災害の時に感じたこと。それは、家族や友人など大切な人を想う気持ちをいつでも伝えられるということがあたりまえではなかったということでした。だからこそちゃんと言葉にして「今」伝えてほしい。この想いは10年たった2021年も何も変わることはありません。リベルタは、2011年から「大切な人に愛を伝える川柳」を募集し、集まった川柳1作品あたり100円をハタチ基金を通して東日本大震災の被災地へ寄付する活動を続けてきました。そしてこの10年間、様々な災害が起こるたびに大切な人を想い、愛や感謝を伝えられる日常が私たちにとってどれだけ勇気となっているかを思い知りました。リベルタは今年もみなさんの想いを被災地へ支援という形で届けます。あなたの大切な人や被災された方を想う気持ちを川柳にのせてみませんか?たくさんの愛のあふれる作品のご応募をお待ちしております。

川柳一覧

参加賞として、デンティス5gを希望者の皆様へお送りいたします。

応募する > 2021年 川柳の募集は終了いたしました。 ご応募おひとり様につき100円を、東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う「ハタチ基金」に寄付します。
概要
ハタチ基金

ご応募おひとり様につき100円を、東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う「ハタチ基金」に寄付します。